サイトマップ

ホーム

圧力鍋の使い方

圧力鍋は、使い方が正しければ何も怖いことはありません。消耗品の部分も、定期的に交換し、手入れと使い方を間違わなければ、とても便利な調理器具なのです。爆発するような気がする……と心配する人もいますが、ちゃんと使っていれば、まずありえないことなのです。

使い方の流れ

基本的な使い方は、4つの段階に分けられていて、加熱→加圧→蒸らし→減圧になります。圧力鍋を強火にかけて、おもりが蒸気によって動き出すまでの時間を加熱時間、その後火を弱めて圧力をかけ続ける時間が加圧時間、火をとめてそのままにしておくのが放置時間、放置せずに、減圧調整弁から強制的に中の蒸気を抜いて圧力を下げることを減圧と言います。

具体的な使い方

基本的な使い方使う前に、フタの内側にあるゴムパッキンが、溝にちゃんとはまっているかどうか確認しましょう。鍋に材料と調味料を入れたらしっかりとフタをし、おもりが引っかかっていないか確認をして強火にかけます。蒸気が出てくるとおもりが揺れ始めます。同時にフタがはずれないようにロックのかかるものがほとんどです。ここまでが加熱になります。

おもりが揺れ始めたら、火を弱火にします。中の材料によって時間が変ってきますので、レシピ通りになるように、ここからキッチンタイマーでちゃんと時間をはかりましょう。時間がきたら火を止めます。ここまでが加圧です。

これから蒸らしに入るわけですが、レシピによって蒸らし時間も違いますので、これもちゃんとキッチンタイマーではかりましょう。

ほとんどのものが、自然に圧力が下がるまで放置になるかと思いますが、中には、強制的に減圧するために、おもりを傾けて中の蒸気を一気に抜かなければいけない場合もあります。かなり高温の蒸気が飛び出しますので、絶対に自分の方に向けておもりを傾けないようにしましょう。完全に蒸気が抜け、安全弁も下にさがってロックがはずれたら、フタをはずしても大丈夫です。


水は2/3以上入れない

鍋の中に入れる水は、2/3以上入れないようにしなければいけません。中の圧力が高くなると、水分が沸騰してフタの近くまであがるので、おもりを揺らす蒸気のでる穴を塞いでしまうかもしれません。とても危ないので、中に入れるものの量は必ず守ってください。取り扱い説明書にかいてあるはずです。

いきなりフタを開けない

フタを開ける急いでいるからと言って、適当に蒸気を逃がし、減圧ができているかどうか確認しないままフタを開けるのは、大変危ないのでやめましょう。十分に中の圧力が下がっていないと、鍋の中のものがフタと共に勢いよく噴出し、飛び散ります。

中はかなりの高温になっているので、それらを頭から浴びてしまったり、勢いよく飛んだフタが落ちてきてあたるとケガのもとです。十分な注意が必要ですが、これは間違った使い方をするとこうなるということなので、正しい使い方をしていれば、このような心配はありません。

COLUMN〜はじめて圧力鍋を使ったとき

調理妹に、とても便利だから使ってみてとすすめられ、怖かったのですが圧力鍋を使ってみました。はじめて作ったのは、豚の角煮でした。取り扱い説明書を手にしたまま、おっかなびっくり調理しました。シュンシュンと音を立てて蒸気が出てきて、おもりが止まることなく揺れています。いつか爆発するんじゃないかと気が気ではありませんでした。キッチンタイマーに使われているような気分になりながら、時間通りに調理を進めていきました。

できあがった豚の角煮を食べてみて、かなりの感動を覚えました。角煮といえば、時間がかかり、思うように柔らかくできないものですが、たった20〜30分でホロホロと崩れるような角煮ができてしまうんです。しかも、最初は怖かった圧力鍋も、安全性を学習すると、これほど便利なものはないと思うようになりました。

働いていますので、家に帰ってからの夕食の支度は正直大変でした。圧力鍋があるだけで、時間のかかる料理も、家に帰ってからご飯が炊き上がるまでの間に、あっという間に出来上がるのですから、もう絶対に手放せない調理器具の一つです。ちなみに自分のもう一つの手放せないものは、ホットプレートです。

▲ページの先頭に戻る

Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us